面接官はなぜ質問で受験者の短所聞く?その謎に迫る

面接官はなぜ質問で受験者の短所聞く?その謎に迫る

学生

自己分析能力を見ている

高校や大学受験に加えて、今や会社の面接でも長所と短所が質問されることが多いです。何故そんな質問をするのかというと、受験者の自己分析能力見ているからだと言えます。学校側としても優秀な人材が欲しいからこそ能力の判断は必要なのでしょう。

改善点の考え方

短所を自分で知ることが出来ているのであれば、次には改善点を聞かれるでしょう。それは改善点をどう導き出したのかが気になるからです。それは、これから学習をしていく時にも重要になるからこそ、具体的な改善方法を用意しておくと良いでしょう。

真摯な人間かどうか

短所のように、自分の欠点を認めるのはなかなか難しいものです。面接で質問されるのは、真摯な人間性であるかどうかが問われている部分でもあります。そのため、包み隠さず自分の短所を言える人を学校側も求めているのだと覚えておきましょう。

大学受験の服装のマナー

  • 男女共に前髪が目にかからないようにする
  • 制服はアイロンでシワのないようにする
  • カバンもキレイにしておく

面接に強くなるポイント

わかりやすさを意識して話す

面接では緊張してしまいますが、頭の中で話すことを整理して話さなければ、まとまった内容を話すことが出来なくなります。そのため、相手が質問してきたことに対して、具体的でわかりやすい回答を意識して答えるようにしましょう。

押し売りしすぎない

面接で自己アピールはとても大切ですが、あまりにもアピールの押し売りになってしまっては、相手に引かれてしまいます。謙虚さを持って、相手に自分の良さをさりげなくアピールしましょう。

会話と考える

面接を緊張しない方法は、面接官との会話だと思うことです。形式通りにやらねばと考えるから、ぎこちなくなり、アピールも上手くいかなくなるのでしょう。面接を会話だと思えば、自然体の自分の良さを引き出すことが出来ます。

会話の量を調節する

自己アピールをしようと考えると、どうしても受験者が一方的に喋り過ぎてしまうこともあります。そうならないように冷静に会話の量を調節して喋ることが大事です。

広告募集中